黒柳徹子さんの年齢が現在何歳なのか?

という事が話題になっていますが、

実際のところどうなのでしょうか?

 

あまりに実年齢が分からな過ぎて、

サバを読んでいるのでは?

という声が多く上がりますが

真相はいかに…!

 

年齢の他に、病気で舌が黒い、

なんて言われていますが、

その真相についても調べてみました☆

 

また、若い頃の画像を見てみると、

何ともびっくり…!

 

詳細は記事内の画像で

チェックしてくださいね!^^

 

他にも血液型や幼少期の

黒柳徹子さんについて、

まとめてみました。

 

スポンサーリンク

黒柳徹子の年齢は?昭和生まれ?現在何歳?(プロフィール)

本名:黒柳徹子(くろやなぎてつこ)

生年月日:1993年8月9日(昭和8年)

出身地:東京都

身長:??

血液型:A型

兄弟:弟2人、妹(他に死別の兄1人)

学歴:トモエ学園、香蘭女学校、東洋音楽学校(現:東京音楽大学)声楽科卒業、慶応義塾大学文学部(聴講生)

 

上のプロフィールでも記載した通り、

黒柳徹子さんの現在の年齢は、、、

 

ズバリ!

1933年8月9日生まれ、84歳(現在)です!

 

・・・

 

いやいや、

信じられないです。笑

 

84歳であのバイタリティーは

並大抵の人間ではありませんね。笑

 

本当に凄い。

全く年齢を感じさせないですね。

 

やっぱり、芸能人という事もあって、

見た目ももちろん若いですし、

「徹子の部屋」の司会の姿を

見ていても頭の回転が早いですよね。

 

しかも、その黒柳徹子さんが司会を務める、

「徹子の部屋」が普通に面白い。

 

ちなみに、

同一の司会者による番組の

最多放送回数世界記録で

ギネス世界記録にも認定されているようですよ(^^;

 

凄すぎます。笑

 

失礼ですが、

たまに「黒柳徹子さんは妖怪ではないのか?」

なんて言われたりしますが、

本当にそう思っちゃいますよね。笑

 

 

芸能界という特殊な環境もあって、

実年齢より若く見えて当たり前かもしれませんが、

それにしても黒柳徹子さんは、

まさに別格ですよね。

 

ちなみに、

そんな中で黒柳徹子は現在に至るまで

未婚を貫き通しているのですが、

これもまた年齢を感じさせない、

1つの要因ですよね。

 

また、黒柳徹子さんは、

「徹子の部屋」の司会者としてかなり有名ですが、

それ以外にも様々な顔を持つお方なんです。

 

実は、ユニセフの親善大使として

2003年に勲三等瑞宝章を受け、

その後、文化功労者として選ばれているんです。

 

 

また、他にも黒柳徹子さんは、

いくつもの親善・慈善事業を手がけており、

 

早口の司会以外の顔も

しっかり持っているんですね。

 

なんと驚きなのが、

アフガニスタンソマリアといった紛争地帯にも

積極的に足を運んで視察に行っているそうです。

 

しかもこれ、

80歳を超えてからの話だから、

余計に驚きですよね。

 

やはりこれは、

芸能界という特殊な世界で生き抜いてきた、

そして独身でたくましく生活してきた、

責任感もあっての若さなのかもしれません。

 

発達障害と言われた子供時代

黒柳徹子さんは元々、

公立の小学校に通っていましたが、

小学校1年生の時になんと退学をさせられています。

 

小学校を退学にさせられる話は聞いたことが無いので、

当時の黒柳徹子さんはよっぽどの

問題児だったのでしょうか?

 

当時、好奇心旺盛だった黒柳徹子さんは、

授業中にも関わらず、

何度も何度も、回数にして100回以上くらい、

蓋を開け閉めして廊下に立たされることもあったようです。

 

必要以上に、ノートや鉛筆を取り出しては、

パタン、パタン、パタンと繰り返していたそうです。

 

ちょっとこわいですね。笑

 

先生に、「理由なく開け閉めしてはいけません!」

注意されても「ノートを取るために開けました」

「ノートをしまう為に開けました」と何かと、

屁理屈を並べて止めなかったそうです。笑

 

他にも、

画用紙をはみ出して絵を描くことも

頻繁にあったみたいです。

 

図工の授業時間に、

画用紙をわざわざは見出して、

机や床にまで絵を描いて、

先生を困らせていたそうです。

 

これに対して、当たり前ですが、

先生や校長先生は黒柳徹子さんの事を、

問題児として嫌っていたそうです。

 

また、他にも、

いきなりちんどん屋さんを呼んだり、

鳥に話しかけたりと、

普通では考えられない行動を

度々していたそうです。

 

でも実は、黒柳徹子さんは、

注意欠陥障害、多動、学習障害だったみたいです。

 

でも結局、

授業中に迷惑になるからという理由で

退学させられトモエ学園に転校したのでした。

 

スポンサーリンク

黒柳徹子は入れ歯なのか?

黒柳徹子さんは80歳を超えていて、

年も年なので全く不思議ではありませんが、

64歳の時には上顎は総入れ歯になって、

67歳の時には下顎の自分の歯2本を除いて

全て歯を入れ替えたそうです。

 

しかし72歳の時に上顎の総入れ歯が

小さく作りすぎて外れたり浮いてくることが

あったために78歳で入れ歯を作りなおしています。

 

黒柳徹子さんの自身の歯は現在2本だそうです。

 

歯並びがとってもいいので

入れ歯だと大抵の方が気づくかと思います。

 

57歳時の時は差し歯だったんだそうです。

歯並びが全然違いますよね。

 

 

黒柳徹子は若い頃の画像を公開! 

黒柳徹子さんは年齢の割に

今も十分キレイですが、

若い頃はめちゃくちゃ美人だったのをご存知ですか?

 

「満島ひかりさんに似ていた!?」

なんて事も一部では、

言われていますが、本当でしょうか!?

 

 

 

 

黒柳徹子は病気でろれつが回らない?

黒柳徹子さんが年々ろれつが回らなくて、

何をいっているのか聞き取りづらくなってきていると

噂になっています。

 

元々、黒柳徹子さんといえば、

早口だけども滑舌が良いので、

“聞き取りやすいトーク”というのが、

特徴的だったのですが、

 

確かに徹子の部屋を見ていると、

何をいっているのか聞き取れない時が

たくさんありますね。

 

年齢も年齢なので認知症や病気を

心配する人もかなり多くいるみたいですが、

調べてみたところ、

どうやら”入れ歯が合っていない”

可能性が高いそうです。

 

入れ歯自体、

定期的に作り直していかなければ、

だんだん話しづらくなって、

結果的に滑舌が悪くなってしまうみたいです。

 

専門家の意見としては、

年齢的に見てもこの状況は仕方無いみたいです。

 

なので、黒柳徹子さんがろれつが回っていないのは、

何かの病気のせいではなく、

入れ歯が合っていないということだったんですね。

 

何か、重大な病でなくて、

一安心ですね^^

 

黒柳徹子の舌が黒いのは病気か?舌癌の疑いがある? 

黒柳徹子さんの舌が黒い事が

一時期、大きな話題を呼んだのですが、

そお問題の写真がこちらです。

これは黒柳徹子さんが、

自身のインスタグラムに投稿した写真なのですが、

どうでしょうか?

 

黒柳徹子さんの舌が一部、

黒くなっているように見えませんか?

 

この写真がアップされた後に、

この下の黒さは病気なのでは無いか?

と黒柳徹子さんを心配する声が多数あがりました。

 

もしかすると、

舌癌なのでは?という噂も

かなり広まったみたいです。

 

ちなみに、舌癌とは調べてみると、

このようなものでした。

舌がんとは、舌の前3分の2(口を開けて普通に鏡で見える範囲)と舌の縁、下面に発生するがんで、口の中に発生するがん(口腔がん)の約50~60%を占めます。口腔がんのほとんどは、扁平上皮癌という種類のもの。まれに、肉腫も発生します。
舌がんの初期硬結(しこり) ②腫瘍を形成した舌がん

舌がんは男性に多く、50歳~70歳代に発症することが多いですが、50歳未満が4分の1を占め、20歳~30歳でも発症することがあります。舌がんの原因は明らかではないですが、飲酒か喫煙などの化学物質による刺激や、歯並びが悪いために歯が常に舌にあたる、合ってない入れ歯や虫歯といった機械的な刺激などが、舌がんを誘発すると考えられています。

舌がんは、自分で鏡で見ることができるので、患者さんの約3分の2は、早い時期に病変に気づき受診します。舌がんの症状として典型的なのは、舌の両脇の部分にできる硬いしこりで、痛みや出血を伴うとは限りません。舌の先端や真ん中にがんができることは少ないです。舌の下面にできたがんは自分では見えにくく、症状も出にくいため進行した状態で受診される場合も少なくないです。がんが進行すると病変が潰瘍になり、持続した痛みや出血があったり、口臭が強くなることもあります。

舌がんの中には早い時期から舌の近くの首(頸部)のリンパ節に転移して急速に進行するタイプのものもあります。日ごろから、鏡で口内をチェックしたり、気になる病変や症状が続く場合には早めに耳鼻咽喉科、口腔外科などを受診することが早期発見・早期治療につながります。また、治療後の定期的な経過観察が必要です。

 

ネット上などでは、

黒柳徹子さんが舌癌なのでは?

との声がありましたが、

 

この件については、

黒柳徹子さん本人が

「舌が黒いのは子供の頃からなので、

病気ではありません。」とはっきりと明言されていました。

 

他に黒柳徹子さんには持ち病はあるのか?

以前、黒柳さんが自身の著書で

「計算障害」「読書障害」を患っている事を

告白していましたが、

これは病気ではなく、

いわゆる”個性”に分類されるものだそうす。

 

一応、発達障害の一種みたいですが、

発達障害といっても、

普通に学校生活を送れますし、

進学もしていけるので、

 

たとえ発達障害があったとしても、

黒柳さんのように軽快なトークが出来て、

活躍する事も可能なんですね^^

 

ちなみに、現在も活躍されいる黒柳さんですが、

病気について調査したところ、

他に気になる持ち病は無さそうでした。

もちろん、公表されてない部分もあるとは思いますが、

紅白の総司会者にも選ばれたりするくらいなので、

体調も決して悪くはないようですね。

 

まとめ

今回、黒柳徹子さんについて、

かなり調査しましたが、

いかがでしたでしょうか?

 

80歳を超えても尚、

元気に活躍される姿は

いつ見ても本当にすごいですよね。

 

80歳を超えても、

あれだけ人生を楽しむことが出来たら、

とても良いですよね^^

 

今後も黒柳徹子さんの

活躍を見守っていきましょう^^