高田純次の高速道路被害者Aは誰?名前や顔写真を特定?ケガは大丈夫か

スポンサーリンク

タレントの高田純次さんが高速道路で接触事故を起こしました!

「週刊文春」の取材で明らかになったこの事故ですが、被害者側の男性は無事なのか?詳細を記事にまとめてみました!

スポンサーリンク

高田純次がポルシェで高速道路事故

 事故が起きたのは4月14日。被害者のAさんが、事故の状況を説明する。

「左から合流してきたポルシェが、本線を走っていた僕の車の左後部にぶつかりました。『ゴツン』という衝撃が走ったのですが、ポルシェはそのまま僕の車を追い抜いていった。その後、前を走る車を縫うように追い越しながら逃げていきました」

 約15分後、首都高から降りたところで、高田は車を降り、Aさんと応対。高田は当初、「(Aさんの車に)当たってませんよ」と話していたが、そのうち「今20万持ってます」と、“示談交渉”を持ちかけた。Aさんは拒否し、話し合いを続けることになったが、高田本人と連絡が取れなくなり、弁護士を立てたという。

 事故後、Aさんは医師から「頸椎と腰椎の捻挫」と「全身打撲傷」で、全治2週間を要する見込みと診断された。

 高田は、小誌の取材に対し、「当たった認識はなかった」と「当て逃げ」を否定。その上で、事故を起こしたことは認め、「もちろん僕のほうに非はあるんでしょうけどね、それを私のほうで(治療費は)全部持ちます、ということを保険の方には色々話しましたけどね」と説明した。

引用:livedoorNEWS

この状況を見ると、明らかに高田純次さんに非があるように思いますね。

正直、こういった運転の仕方をされると被害者の方は防ごうにも防げないでしょう。

しかも、事故を起こした後に反省する様子もなく、「今20万持ってます」というのは全てをお金で解決しようとする姿勢が見て取れて残念でなりませんね。

また、取材に対しては「当たった認識はなかった」という風にしらばっくれる始末です。

これではさすがに被害者の方もたまったもんじゃありませんよね。

実際に、「頸椎と腰椎の捻挫」「全身打撲傷」で、全治2週間を要する見込みと診断されたわけですし…。

スポンサーリンク

高田純次の高速道路事故の被害者Aは誰?名前や顔写真は?

高田純次さんに高速道路で事故を起こされた被害者側の男性Aさんとは一体誰なのでしょうか?

間違いなく一般人の方ですので、今後名前や顔写真が公開される可能性は非常に少ないのですが、年齢は22歳という事だけ分かっています。

Aさんの父親は、「高田さんの対応は誠意が感じられず、現在は告訴の準備も進めています」と話した。

引用:livedoorNEWS

尚、被害者Aさんは22歳という事ですが、父親が出てきているという事で、恐らく大学生で自分で判断出来ないのかもしれませんね。

大学生は成人ではあるものの、社会に出た事がありませんのでこういった時は保護者である父親が出てくるのでしょう。

スポンサーリンク

ネットの声

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です