【劣悪環境】犬猫100匹を虐待したNPO法人はどこ?代表は誰?

スポンサーリンク

犬猫100匹が劣悪な環境で飼育されて虐待されていたというニュースが報道されました!

初め、このニュースを聞いた時は信じられませんでしたが、この虐待を行っていたのがNPO法人という事で憤りしかないですね!

今回の記事では、この犬猫100匹を虐待したNPO法人はどこか?代表は誰なのか?ということについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

犬猫100匹超、劣悪環境に 保護施設運営NPOを告発

100匹以上の犬や猫を劣悪な環境で飼育して虐待していたとして、横浜市の日本動物虐待防止協会が、茨城県古河市で動物保護施設を運営するNPO法人を刑事告発した。古河署が13日に受理し、動物愛護法違反の疑いで捜査を進める。

 告発状によると、NPOは排泄(はいせつ)物の処理などを十分に行わず、犬と猫計100匹以上を劣悪な環境に置くなどして虐待した疑いがあるという。保護した犬に対し、狂犬病の予防接種や不妊・去勢手術をしていないなどと指摘している。

引用:朝日新聞DIGITAL

犬猫100匹を劣悪な環境で飼育し、虐待していたいとして茨城県のNPO法人を刑事告発した事件です!

記事によると、排泄物の処理などを十分に行わず、犬と猫を計100匹以上を虐待した疑いがあるそうです!

さすがに排泄物の処理を行わないとなると衛生的にかなりヤバイと思いますし、中には既に病気になってしまっている犬や猫もいる可能性が高いでしょう。

生まれてきた犬や猫に罪は無いのに、本当にかわいそうですね…。

スポンサーリンク

犬猫100匹を劣悪環境で虐待したNPO法人はどこ?

ここで気になるのがこの犬猫100匹以上に対して虐待を行った疑いがあるNPO法人はどこか?という事です。

現時点で公開されている情報では、茨城県古河市のNPO法人という事です。

実際に調査した所、この場所に存在するNPO法人が1つだけ見つかりました。

それが「動物保護団体OneLife小さな命」というNPO法人です。

恐らくこの「動物保護団体OneLife小さな命」というNPO法人が今回刑事告発されたとみて間違いないでしょう。

こちら「動物保護団体OneLife小さな命」のサイトにある画像なのですが、見た目では真っ当な事を言っておりいかにも良い団体と見せかけています。

しかし…Facebookを除いていると既に書き込みがありました。

「不潔な内部で今告発されています。寄付等出来ませんね」という事でやはりこの団体で間違いないようです。

スポンサーリンク

保護施設の場所は?

「動物保護団体OneLife小さな命」の所在地ですが、場所は以下の所のようです。

湘南新宿ライン東北本線の近くにあるようですね!

茨城県ということもあり、敷地は広いでしょうから100匹以上の犬猫を飼育する分には問題無いと思いますが、その飼育方法ですよね…。

スポンサーリンク

NPO法人の代表は誰?職場環境は?

こちらの「動物保護団体OneLife小さな命」の代表は誰か調査したところ、「羽塲 豊」という方が理事長を務められているようです。

そして顧問には「木村 定」という方が就任しています。

どちらも顔写真はありませんでしたのでどのような方かは分かりませんがトップの運営方針がそのままこのNPO法人に反映されていると思いますので、今後記者会見等で登場するかもしれませんね。

ちなみにスタッフは男性5人と女性8人だそうです。

それぞれスタッフ紹介で氏名等が「動物保護団体OneLife小さな命」に掲載されています。

スポンサーリンク

動物虐待に対するネットの声

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です