横浜シーサイドライン電車逆走事故の原因は?運転手(車掌)は被害者は誰?【画像有り】

スポンサーリンク

横浜シーサイドラインの新杉田駅で車両が逆走して別の車両に衝突するというあり得ない事故が発生したようです!

この記事では横浜シーサイドラインの電車逆走事故の原因や運転手(車掌)は誰か?という事についてまとめていきます。

スポンサーリンク

電車が逆走事故 けが人多数か 横浜シーサイドライン

神奈川県警察本部や消防に入った連絡によりますと、1日午後8時20分ごろ、横浜市磯子区と金沢区を結ぶ新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅で車両が逆走して別の車両に衝突し、けが人が多数出ているということです。

横浜市内を走る横浜シーサイドラインによりますと、午後8時15分ごろ横浜市磯子区の新杉田駅の構内で電車が逆走する事故が起き、複数のけが人がいるということです。

この事故の影響で、午後8時15分から全線で上下線とも運転を見合わせています。運転再開の見込みは立っていないということです。

引用:NHK NEWS WEB

横浜シーサイドラインで電車が逆走し、別の車両に衝突するという事故が起きました!

ケガ人は複数人おり、全線で運転を見合わせている状況だそうです。

運転再開の目途も経っていないようです…。

本当に信じられない事故が起きましたが、けがをされた方は大丈夫なのでしょうか…??

※追記※

消防によりますとこれまでにおよそ20人がけがをしているということです。また、このうち2人がけがの程度が重いとみられるということです。

「横浜シーサイドライン」によりますと、電車は新杉田発・並木中央行きの5両編成の電車で、およそ50人の乗客が乗っていたということです。

引用:NHK NWES WEB

乗客は約50人程が乗っており、そのうち20人はケガをしているそうです。

大変な事故が起きてしまっていますね…。

⇒ 株式会社横浜シーサイドラインの会見時期や予定についてはこちらの記事をどうぞ

スポンサーリンク

横浜シーサイドライン電車逆走事故の原因は?

横浜シーサイドラインの電車が逆走するという驚愕の事故が発生したわけですが、その原因は一体何だったのでしょうか?

現在、その真実はまだ明らかにされておらず原因を究明しているところだと思います。

尚、どう考えてもうっかりミスだったり、システムの誤作動は考えにくいので故意的な事故の可能性が高いかと思います。

新たな情報が入り次第、追記していきますね!

スポンサーリンク

横浜シーサイドライン電車逆走事故を起こした運転手(車掌)は誰?

今回、横浜シーサイドラインで電車の逆走事故を起こした運転手(車掌)は一体誰なのでしょうか?

運転手(車掌)の名前は現在公開されていない状況です。

恐らく状況の整理がつき次第、公開されると思いますのでしばらくお待ちください!

※追記※

運営会社の横浜シーサイドラインによると、事故の列車は新杉田発並木中央行きで、5両編成。運転士のいない完全自動運転で、ドアが閉まったあと、進行方向とは逆に走り出したという。乗客は50人以上いたとみられる。

引用:NHK NEWS WEB

車掌がいると思っていましたが、この列車は運転士のいない完全自動運転だったそうです!

ドアが閉まったと、進行方向とは逆に走り出したそうです…。

システムは安全だと思っていてもこういった事が起こるとなると何も信用できなくなりますね…。

可能性としてはシステムをハッキングされて操作された事も考えられますね。

スポンサーリンク

電車逆走事故の現場はどこ?

神奈川県警察本部や消防に入った連絡によりますと、1日午後8時20分ごろ、横浜市磯子区と金沢区を結ぶ新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅で車両が逆走して別の車両に衝突し、けが人が多数出ているということです。

引用:NHK NEWS WEB

電車の逆走事故が起きた現場は「新杉田駅」という事が分かっています。

地図で見ると新杉田駅はこのような場所です。

尚、新杉田駅のホームから画像は以下に画像を張っております。

スポンサーリンク

横浜シーサイドライン逆走事故の画像

ネットの声

株式会社横浜シーサイドラインの逆走事故に関する会見はいつ開催予定?謝罪はあるのか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です