高齢ドライバー専用新免許の制度はいつから?交付の条件や対象は?相次ぐ事故受け

スポンサーリンク

最近、高齢者の自動車事故が多発している事を受け、政府が安全機能付きの車のみ運転できる高齢ドライバー専用の新免許の創設を検討している事が分かりました!

確かに最近、高齢者の事故が多すぎて恐いですよね。というか恐らくこの免許制度を作る為の口実として積極的に高齢者事故を報道で取り上げた可能性もありますが。

この記事では高齢ドライバー専用の新免許の制度がいつから交付されるのか、条件や対象についてまとめています!

スポンサーリンク

政府、高齢者向けに安全機能車の限定免許案を検討

 高齢者の自動車事故多発を受け、政府が、安全機能が付いた車種のみ運転できるようにする高齢ドライバー専用の新しい運転免許制度の創設を検討していることが10日、分かった。ただ、新免許制度を75歳以上の免許更新の際に義務化させるのではなく、選択制とする方向で、実際に事故の削減につながるかは不透明だ。

 政府は、今月下旬にまとめる成長戦略に新制度を盛り込む方針。その後、警察庁や経済産業省、国土交通省などの関係省庁で協議し法改正などを進める。

 限定免許で運転できる車の条件は関係省庁で詳細を詰めるが、ブレーキとアクセルの踏み間違いが原因とされる事故が問題視される中、踏み間違い時の加速抑制機能や衝突などの危険を察知した際に自動的にブレーキをかける機能を備えた車種などを想定している。

 政府は、これまでも限定免許の導入を検討してきたが、安全機能の付いた車種を保有していない高齢者は運転を断念せざるを得ないとして見送ってきた。しかし、高齢ドライバーの事故が多発する一方、安全機能の付いた車の普及も進んできたため、導入を本格化させることにした。

引用:Yahoo!JAPANニュース

高齢者ドライバーによる事故が多発しており、本当にいつどんなタイミングで事故に遭うのかひやひやしている方も多いと思います。

また、自分の家族がもしも高齢ドライバーで他人をひいてしまったら…??

なんて心配も持っている方も少なくないでしょう。

個人的にもやはり高齢ドライバー専用免許はあった方が良いと思いますが、最善策はやはり運転しなくても快適に過ごせる生活環境ではないかなと思います。

スポンサーリンク

高齢ドライバー専用新免許の制度はいつから?

高齢ドライバー専用新免許の制度はいつからスタートするのでしょうか?

政府の発表では2019年6月下旬には成長戦略に今回の新免許制度についての内容を盛り込む予定にしているそうです。

恐らく今年中には高齢ドライバー専用新免許に対しての具体的な議論が交わされるので、実際のスタートは2020年4月頃なのではないかと思います。

実際に、高齢ドライバー専用新免許制度がスタートすれば今みたいな悲惨な事故も減ると思いますので早く導入するならしてほしいですね。

スポンサーリンク

高齢ドライバー専用免許の交付の条件や対象は?

尚、高齢ドライバー専用免許の交付の条件ですが、今の所、75歳以上の免許更新の際に義務化させるという案が出ているようです。

たしかに75歳以上だと、悲惨な事故を起こしてしまう事も予測できますからね。

ただ、75歳以上の免許更新の際に義務化させるのではなく、選択制にする可能性もあるようですね。

スポンサーリンク

ネットの声

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です