佐賀県不動山トンネル事故の犯人(運転手)は誰で名前や顔画像は?事故理由は?乗客4人搬送

スポンサーリンク

市営バスが中国人観光客を乗せた貸し切りバスに追突するという事故が発生しました!

この記事では事故の原因とみられる市営バスの運転手について詳しい情報をまとめています。

スポンサーリンク

高速道トンネルでバス追突事故、乗客4人搬送 佐賀

 佐賀県警高速隊によると、11日午後1時50分ごろ、佐賀県嬉野市の長崎自動車道上り線の不動山トンネル内で、長崎市から長崎県佐世保市に向かう長崎県営バス(乗客13人)が、中国人観光客ら44人を乗せた貸し切りバスに追突し、長崎県営バスの乗客3人、貸し切りバスの乗客1人の計4人が病院に搬送された。

 貸し切りバスが減速し、後続の県営バスがブレーキをかけたが間に合わなかったらしい。トンネルは片側2車線で、工事のために走行車線が規制されていた。

 この事故の影響で、東そのぎインターチェンジ(IC)―嬉野IC間の上り線が約3時間20分、通行止めになった。

引用:朝日新聞DEGITAL

佐賀県嬉野市の長崎自動車道上り線の不動山トンネル内で長崎市営バスが中国人観光客らを乗せた貸し切りバスに追突するという事故が起きました!

市営バスはぶつかる寸前にブレーキをかけたそうなのですが、間に合わず衝突してしまったようです。

大型バス2台の事故という事で乗客4名が病院に搬送されていますが、無事であることを祈るばかりですね。

特にトンネル内という事で非常に危険ですので注意して運転してほしいですね。

スポンサーリンク

佐賀県不動山トンネル事故の犯人(運転手)は誰で名前や顔画像は?

今回、事故を起こした犯人と思われる市営バスの運転手は一体誰なのでしょうか?

現在、この市営バスの運転手の情報は公開されていないようですので、情報が入り次第追記していきますね!

スポンサーリンク

トンネル内で事故が起きた理由は?

報道によると「貸し切りバスが減速し、後続の県営バスがブレーキをかけたが間に合わなかったらしい。」とありますが、何故このような事が起こってしまうのでしょうか?

恐らく、トンネル内で視界が悪かったのもありますが、後続の市営バスの運転手が気を抜いていたのではないかと思います。

さすがに前の車にそのまま追突するという事は普通有りませんからね。

スポンサーリンク

事故現場はどこ?

今回、事故が起きた現場は「佐賀県嬉野市の長崎自動車道上り線の不動山トンネル内」という事が判明しております。

地図で見るとこのような場所ですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です