橋本貴彦・余根田渉の顔画像は自宅住所を特定!?犯行動機(理由)や経歴は?

スポンサーリンク

京都府日向市にある集合住宅の駐車場でビニールテープで全身を巻かれた女性の遺体が見つかったそうです。

この事件により既に橋本貴彦容疑者と余根田渉容疑者が逮捕されているようです。

この記事では逮捕された橋本貴彦容疑者と余根田渉容疑者の顔画像や自宅住所、犯行動機(理由)や経歴についてまとめています。

スポンサーリンク

テープで巻かれた女性遺体、市職員ら逮捕

 京都府向日市にある集合住宅の駐車場で、ビニールテープで全身を巻かれた女性の遺体が見つかりました。警察は、死体遺棄の疑いで市職員の男ら2人を逮捕しました。

 11日午前11時すぎ、京都府向日市上植野町藪ノ下のアパートで「2階の部屋から異臭がする」と近隣住民から警察に通報があり、警察官が駆けつけたところ、アパートの駐車場で、全身を白いビニールテープで巻かれた女性の遺体を発見しました。

 警察は、この遺体を遺棄したとして、同じアパートの1階に住む職業不詳の橋本貴彦容疑者(55)と向日市役所地域福祉課の余根田渉容疑者(29)の2人を逮捕しました。警察によりますと、橋本容疑者は生活保護を受給していて、余根田容疑者は橋本容疑者を担当するケースワーカーだということです。

 警察の取り調べに対し、2人は容疑を認めていて、遺体を2人で手で運んだという趣旨の話をしているということです。女性の遺体は成人とみられ、腐敗が進んでおり、警察は身元の確認を急ぐとともに、事件の詳しい状況について調べています。

引用:Yahoo!JAPAN

近隣住民から「2階の部屋から異臭がする」と警察に通報があり、事件は発覚したそうです。

警察が駆け付けたところ、全身を白いビニールテープで巻かれた女性の遺体があったようです。

犯人とされる橋本貴彦容疑者と余根田渉容疑者は既に逮捕されていますが、犯行動機などが気になりますね。

というのも、橋本貴彦容疑者と余根田渉容疑者の関係性が生活保護者とそれを担当するケースワーカーという関係性だからです。

何故、2人が共犯する必要があったのか?謎が深まるばかりですね。

スポンサーリンク

橋本貴彦容疑者/余根田渉容疑者の経歴や顔画像は?

橋本貴彦容疑者と余根田渉容疑者の経歴や顔画像についてまとめていきます。

橋本貴彦容疑者

【年齢】55歳

【職業】不明

【その他】生活保護受給者

余根田渉容疑者

【年齢】29歳

【職業】日向市役所地域福祉課

【その他】橋本貫彦容疑者を担当するケースワーカー

スポンサーリンク

橋本貴彦容疑者/余根田渉容疑者自宅住所を特定!?

橋本貫彦容疑者の住所は「京都府向日市上植野町藪ノ下のアパート」という事が判明しています。

これは被害者の女性が住んでいたアパートと同じですね。

一方、余根田渉容疑者の自宅住所は現在、公表されていないようです。

もしかしたらこのまま自宅住所は公表されないケースかと思います。

スポンサーリンク

橋本貴彦容疑者/余根田渉容疑者の犯行動機(理由)?

橋本貴彦容疑者と余根田渉容疑者の犯行動機ですが、現在理由は分かっていないようです。

それにしても生活保護者とそれを担当するケースワーカーが共犯というのはちょっと理解しがたい状況ですね。

しかも余根田渉容疑者はまだ29歳で公務員という安定した職を持っているにも関わらず、何故このような事件に加担してしまったのでしょうか?

新たな情報が入り次第、追記していきますね。

スポンサーリンク

ネットの声

市職員もやらかしする時代か~~それならよほどやらかして追い込まれたんだろうな~。

 

生活保護受給者と担当ケースワーカーが共謀して死体を遺棄するとは、何とも不可解な事件だ。一体どんな背景があったのか気になる。

 

市職員がこんなことするのか…。試食員の間違いじゃないよね??

 

なんや、この『結託』は…

 

生活保護受給者と、担当ケースワーカーが結託して、情勢の遺体を遺棄した? めちゃくちゃ難解な事件。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です