髙島忠夫が死去!死因やうつ病介護生活とは?髙島兄弟の確執の真相も調査!

スポンサーリンク

高島忠夫さんが死去されたというニュース速報です。

昭和の名優だと思いますが、晩年は壮絶な介護生活だったという噂もありますね。

また息子の髙島兄弟の確執の真相とは?

色々と調べていきましょう。

スポンサーリンク

高島忠夫さんのプロフィールと死因は?

名前:高島忠夫
生年月日:1930年7月27日
年齢:88歳
出身:兵庫県
身長:181cm
血液型:O型
職業:俳優、司会者、タレント
所属:東宝芸能

この年齢でこの身長の高さは珍しかったですし、若い頃はイケメンでしたからモテたでしょうね。

死因は老衰ってことですが、痛みも無く亡くなられたのなら良いですけどね・・・

ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

髙島忠夫さんの経歴は?

1951年、映画会社新東宝のニューフェイスの第一期生として芸能界入り。

21歳で上京して1人暮らしをはじめています。

1952年の映画「恋の応援団長」でデビュー!

同年に「チョイト姐さん思い出柳」で初主演士、以後新東宝で歌うスターとして活躍しています。

「坊ちゃんシリーズ」の主役は当たり役と言うことですね。

その後東宝に移籍しミュージカル野甫か、コミカルな演技が印象的な「キングコング対ゴジラ」などに出演。

お嫁さんは女優の寿美花代さんですが、2年間の交際を経て1963年に結婚していますね。

「ごちそうさま」での共演は有名だと思いますし、おしどり夫婦でしたよね。

しかし1964年に長男が生後5ヶ月で当時17歳の家政婦に殺害されるという不運にも遭っています。

それでも、その後高嶋政宏さん、高嶋政伸さんの二人が生まれ、今も俳優として活躍していますね。

髙島ファミリーということで、めちゃくちゃ有名です。芸能一家の代表格ですよね。

仕事もプライベートも順調そうですけど、やはり晩年は色々あったといことで、それは次に書きましょう。

スポンサーリンク

壮絶なうつ病介護生活とは?

1970年代半ばには暴飲暴食によって糖尿病を発病。

一時は体重が120キロにちかくなりましたが、その後和食中心の食事にして3年後に体重を70キロ台に落としています。

その後、不眠症で酒と睡眠薬に頼ってアルコール依存症になっています。

1998年には重度のうつ病を発症し、レギュラー番組の「ゴールデン洋画劇場」「暴れん坊将軍」など4本を降板。

2007年には完全復帰して芸能活動を再開していますが、あまりテレビで見ることは無かったように思います。

やはり健康が一番っていうのがわかりますよね。

うつ病っていうのはやっかいですし、また晩年はパーキンソン病も発症し不整脈も有りと介護は大変だったと思います。

寿美花代さんが頑張っていたのかな?

https://twitter.com/RINGOTEPPANARI3/status/1144451041963851777

お疲れ様ですと言いたいですね。

スポンサーリンク

二人の息子の確執の真相は?

髙島ファミリーといえば仲が良いと思われていましたが、二人の息子には確執があると噂です。

以前は共演もありましたが、最近は兄弟出演はNGと言うことですね。

二人は同じ事務所ですが、それでも共演がないっていうのはやはり不自然ですよね。

父親も逝去されましたし、今後は二人で力を合わせて頑張って欲しいですけどね。

スポンサーリンク

ネットの記事

88歳と言うことで大往生ってことなのかな?

振り返って幸せな人生であれば良いですけどね。

昭和の名優がまた一人ってことで寂しいですが、お疲れ様でした。

天国でも明るい声を響かせて欲しいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です