重巡(じゅうじゅん)洋艦「麻耶」とは?沈没した理由や発見された場所はどこ?

スポンサーリンク

重巡洋艦「麻耶」が発見されたというニュースです。

太平洋戦争中に沈没したと言うことですが、それが見つかったのなら大発見ですよね。

発見したのは昨年10月に亡くなったマイクロソフト共働創業者のポール・アレン氏の調査チームと言うことです。

ところで「麻耶」っていうのは有名なんでしょうか?武蔵とか大和は知ってますけどね・・・

他に沈没した理由や発見された場所は?

色々と調べて見ましょう。

スポンサーリンク

重巡「摩耶」を故ポール・アレン氏の調査チームが発見 太平洋戦争中レイテ沖海戦で沈没

昨年10月に亡くなったマイクロソフト共同創業者のポール・アレン氏の調査チームは30日、太平洋戦争中に沈んだ旧日本海軍の重巡洋艦「摩耶」を発見したことを明らかにした。

調査チームは、「摩耶」をフィリピンのパラワン島沖の水深約1850メートルの海底で発見。公開された画像では、船体から分離し逆さまになった船首や20.3センチ連装砲、12.7センチ連装高角砲、25ミリ機銃などが鮮明に見て取れる。見張り台に登る橋は無傷で、双眼鏡や距離計などが残されている。

「摩耶」は1928年に竣工した一等巡洋艦(重巡洋艦)高雄型の4番艦で、ソロモン海域で行われた南太平洋海戦などに参加。1944年10月23日、フィリピン周辺の海域をめぐるレイテ沖海戦で沈没した。艦名は、来年就役予定の海上自衛隊のイージス艦「まや」として引き継がれる。

ポール・アレン氏の調査チームは、これまでにも太平洋戦争で沈んだ艦船を相次いで発見。日本の艦船としては、戦艦「武蔵」「比叡」、戦艦「山城」「扶桑」とみられる残骸、駆逐艦「島風」などを発見している。

引用:BIGLOBEニュース

この調査チームは凄くてこれまでにも、太平洋戦争で沈んだ戦艦を相次いで発見しています。

今後も更に発見されるかもしれませんよね。

期待しましょう。

スポンサーリンク

重巡洋艦「麻耶」とは?

重巡洋艦「麻耶」は1928年に竣工した一等巡洋艦(重巡洋艦)高雄型の4番艦で、ソロモン海域で行われた南太平洋海戦などに参加しました。

その艦名は兵庫県の神戸市にある摩耶山にちなんで命名されたという事。

 

起工:1928年12月4日

進水:1930年11月8日

就役:1932年6月30日

最期:1944年10月23日沈没 北緯09度27分 東経117度23分

基準排水量:13350トン

公試愛水量:15159トン

全長:203.76メートル

最大幅:20.72メートル

出力:130000馬力

乗員:996名

活躍していた重巡洋艦「麻耶」ですね。

それにしてもとても大きいですよね。ちょっと想像が付かないぐらいです。

スポンサーリンク

「麻耶」沈没の理由は?

沈没した理由はレイテ沖海戦で米潜水艦の雷撃により沈没したと言うことですね。

魚雷航跡を発見し、回避運動をとるも間に合わなかったそうです。

麻耶の左舷に魚雷4本が命中し左舷に大傾斜し艦首から海没をはじめ7時05分に沈没と言うことですね。

このときに336名が戦死しています。

スポンサーリンク

発見された場所はどこ?

「麻耶」が発見されたのはフィリピン最西端のパラワン島沖の水深1850メートルの位置ですね。

これって沈没した位置からは近いんだろうか?

その場所で沈没したって事なのかな?

その辺はわかりませんけど、雷撃を受けての沈没って事で、上部構造はほぼ無傷と言うことです。

コレは歴史的にも価値があると思われます。

スポンサーリンク

ネットの声

このチームはまだ探索しているってことで、まだまだ見つかるかもしれませんね。

期待しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です