京都・民家で高齢夫婦が無理心中?住所や死因は?名前や家族も調査!

スポンサーリンク

京都の民家で高齢夫婦が死亡していたというニュースです。

無理心中の可能性があるって事ですが、真相は?

住所や死因は?

名前や家族など色々と調べて見ましょう。

スポンサーリンク

民家で高齢夫婦死亡、無理心中か 京都府警

京都府八幡市橋本栗ケ谷の民家で12日、この家に住む男性(83)と妻(78)が死亡しているのが見つかり15日、京都府警八幡署が発表した。司法解剖の結果、2人の死因は窒息死で、同署は男性が無理心中を図った可能性があるとみて慎重に調べている。

 同署によると、夫婦は2人暮らし。12日午前10時10分ごろ、この家を訪ねたデイケアサービスの職員から「インターホンに応答がない」と119番があり、駆けつけた八幡署員らが発見した。男性は2階和室で首を吊った状態で見つかり、女性は1階寝室のベッドにあおむけで寝た状態で、布団がかけられていたという。

 女性は認知症があり、週3回のデイケアサービスを受けていた。10日に職員が訪れた際は2人とも在宅しており、異常はなかったという。

引用:産経新聞

なんか悲しい事件の様な気がしますね・・・

無理心中ならなおさら哀しみが膨らみます・・・

スポンサーリンク

京都・民家の高齢夫婦は無理心中なのか?死因は?

高齢夫婦は2人暮らしという事ですね。

司法解剖の結果窒息死ということで、無理心中の疑いがあるって事でしょう。

争った形跡や何も取られた形跡もないんでしょうね・・

女性の方は認知症で、週3回デイケアサービスを受けていたということで、7月10日には何も異常はなかったという事です。

その後、7月12日にデイケアサービスが訪れた時に応答がなかったということで、事件が発覚したわけですよね。

その間に何が起きたのか?

今となってはわからないかもしれませんね・・・

男性が2階で首つり、女性が1階寝室に寝ていたってことですが、2人とも窒息死ということです。

男性が女性に手を掛けて、その後自分も・・・って考えるとなんともいたたまれない事件ですよね。

スポンサーリンク

京都民家の高齢夫婦死亡の場所は?

京都府八幡市橋本栗ケ谷の民家で発見されたという高齢夫婦ですが、7月12日に見つかったという事ですね。

83歳の男性と、78歳の女性の夫婦ということですが、認知症だったということで、介護に疲れたんでしょうか?

スポンサーリンク

名前や家族は?

現在、まだ名前などはわかりませんね。

家族についてもわかりません。

子どもがいるんだろうか?

いたとしても40~50代だと思われますが・・・

悲しい事件ですよね。

スポンサーリンク

まとめ

今のところ何もわかっていることはありません。

この事件の解明をして欲しいですね。

もし、無理心中だとするならば、それはやはり日本のこれからの問題だと思います。

そういう苦しんでいる人達が沢山いるのが現状って事でしょう。

高齢者をどうやって見守って行くのか?

今後の課題ですよね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です