ホースミニバイク事件の犯人は誰?顔画像や犯行動機、理由、事件現場はどこ?

スポンサーリンク

相模原市でミニバイクを運転していた46歳の男性が道路に張られたホースのせいでケガをしていたことが分かりました!

非常に危険な犯行で●人未遂の疑いで捜査が開始されているようです!

この記事ではホースを道路に張って●人未遂を犯した犯人の情報についてまとめています。

スポンサーリンク

道路に張られたホースでミニバイクの男性けが ●人未遂で捜査

2日未明、相模原市でミニバイクを運転していた46歳の男性が、道路に張られていたホースにひっかかり、顔を切るなどのけがをしました。警察は殺人未遂の疑いで捜査しています。

2日午前0時50分ごろ、相模原市中央区高根の市道で、46歳の会社員の男性がミニバイクを運転していたところ、道路に張られていたホースにひっかかり、顔を切るなど全治2週間のけがをしました。

警察によりますと、ホースは直径およそ1センチで、市道沿いの自動車整備会社の建物から道路を横切って張られ、向かい側にある標識の柱に結び付けられていたということです。

けがをした男性は「ホースが張られていることには、直前まで気がつかなかった」などと話しているということです。

警察は、何者かが道路にホースを張ったとみて、殺人未遂の疑いで捜査しています。

現場は、JR横浜線の淵野辺駅から南東におよそ800メートル離れた住宅や店舗などが建ち並ぶ地域です。

引用:NHK NEWS WEB

相模原市でミニバイクを運転していた男性が道路に故意に張られていたホースによって顔を切るけがをしてしまいました。

本当に危険なのでこういった事はしないでほしいですね…。

実際、けがをした男性は「ホースが張られていることには、直前まで気付かなかった」と話しているそうで、実際の事故の瞬間はかなり危険だった状態が予想できます。

スポンサーリンク

道路にホースを張った犯人は誰?顔画像は?

今回、道路にホースは張った犯人は一体誰なのでしょうか?

今、現在犯人の情報は掴めていないようですが、単なる悪ふざけのつもりの可能性もありますね。

よく小学生くらいの子供が悪ふざけでそういった事をしたりしますが、今回もそのパターンかもしれません。

新たな情報が入り次第、追記していきますね!

スポンサーリンク

道路にホースを張った犯行動機や理由はなに?

道路にホースを張った犯行動機や理由についてですが、今は明らかになっておりません。

実際、犯人もまだ捕まっていないので、それらの真相は逮捕された後に分かるでしょう。

それにしてもこういった危険な行為をする人は早く捕まってほしいですね…。

スポンサーリンク

事件が起きた現場はどこ?

現場は、JR横浜線の淵野辺駅から南東におよそ800メートル離れた住宅や店舗などが建ち並ぶ地域です。

引用:NHK NEWS WEB

事件が起きた現場ですが、JR横浜線の淵野辺駅から南東におよそ800メートル離れた住宅や店舗などが立ち並ぶ地域だという事です。

Googleマップで見るとこのような場所になります。

スポンサーリンク

ネットの声

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です